グルテンフリーの効果        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
スポンサーリンク

グルテン過敏症やセリアック病の治療目的で産声をあげたグルテンフリー食であるが、いまでは一般の人々の熱視線を浴びている。

グルテンフリー食には、これほどに多くの効果が見込めるからだろう。

対象となる人

わかっている効果
グルテン過敏症、セリアック病の人慢性的な下痢、腹痛、重度の栄養失調が治まる
関節炎、偏頭痛の改善、解消
糖尿病や肝臓病ほか生活習慣病の改善
ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎、リウマチなどのアレルギー疾患、自己免疫疾患の改善、解消
疱疹状皮膚炎や乾癬など皮膚疾患の改善、解消
神経障害の改善
不妊の改善
統合失調症や自閉症など精神疾患の改善
すべての人メタボ(内臓脂肪)の改善、解消
糖尿病の予防、改善、解消
動脈硬化、血流障害の改善、解消
脳梗塞や心筋梗塞などの予防
老化防止(アンチエイジング効果)
認知症の予防、改善
骨粗しょう症の予防、改善
がんの予防
ぜんそくや蕁麻疹、アトピー、運動誘発性アナフィラキシーほかアレルギー疾患の改善、解消
風邪を引きにくくなる(免疫力アップ)
関節や肺が健康になる
腸の働きがよくなる
活力アップ、集中力アップ
肌がきれいになる、にきびや吹き出物が減る
快眠――ぐっすり眠れるようになる
劇的にやせる(ダイエット効果)

要は、これらの記事に書いたような、グルテンがまねく症状の改善や完治が期待できるわけだ。

実際、わたし自身もこのいくつかを身をもって体験している。

グルテンフリー食の利点についてさらに理解を深めたいなら、以下の記事にぜひともじっくりと目を落としてみてほしい。上表のような効果があらわれる理由をさらにくわしく説明した。

いますぐやり方を知りたい、というのなら、こちらを先に読んでもらっても一向にかまわない。

グルテングルテンフリー体調
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント