ぜん息、蕁麻疹、アトピーも、小麦グルテンの仕業!?        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
細胞を破壊するイメージ グルテン
スポンサーリンク

小麦グルテンが腸壁を破壊する相手は、グルテンアレルギー保有者ばかりでない。

小麦グルテンの一種のグリアジンは、わたしたちの腸粘膜を破壊し、体内に侵入。さらに異物を招きいれている。グルテンアレルギーを持っていない人も、この攻撃をかわすことはできない。

では、グリアジンの静かで巧妙な人体への潜入方法をお伝えしよう。

MECHANISM
小麦グリアジンが腸壁を破壊するカラクリ
  1. 腸に到達したグリアジンは、腸細胞をそそのかし、たんぱく質ゾヌリンを生成させる。
  2. ゾヌリンには腸細胞間の結合をバラバラにする特技があり、腸の内壁に穴を開ける。
  3. その穴をくぐり抜けて、グリアジンやグルテンといった小麦たんぱくが体内へ潜入。
  4. それに便乗して、異物(ほかのたんぱくや化学物質など)も体内へぞろぞろ侵入。

この結果、引き起こされる代表的なアレルギー疾患には次のようなものがある。

  • ぜん息
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎

セリアック病やグルテン過敏症の場合、体内に侵入したグルテンやグリアジンにも免疫系が反応するため、腸粘膜や体内のすみずみでさらに激しい炎症反応が起こる。そうでなくても、グリアジンによって招きいれられた、抗原になりうるたんぱく質が体内をうろついている以上、いたるところで炎症反応が起こり、さまざまな病気を発症する可能性がある。喘息や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎といった、代表的なアレルギー疾患もそのひとつ、というわけだ。

グリアジンがこうした症状を引き起こしている場合は、いうまでもなくグルテンフリー食が有効なのである。

 

photo credit: kaibara87 via photopin cc

グルテン体調小麦
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント