グルテンで下痢? 慢性の下痢にはグルテンフリー        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
スポンサーリンク

セリアック病を含むグルテンアレルギーの諸症状に悩まされている人は、グルテンフリーを実践するだけで、問題を解決できる、という話をしたい。

スポンサーリンク

グルテン除去で下痢が治まる

下痢が治まる、と見出しに書いたが、実際には、糖尿病や肝臓病、リウマチ、ぜんそく、皮膚炎などが改善、完治する例もある。

ここでちょいと寄り道をする。本題に入るまえに押さえておきたいことがある。わが国にはグルテンアレルギー患者がほとんどいない、という事実である。

いや、正確には「いない」のではなく、「わからない」が正しい。

というのも、わが国では現在、グルテンアレルギーの研究がまるで進んでおらず、先のような症状があっても、医療現場でセリアック病やグルテン過敏症が疑われることはかなり稀なのだ。

血液検査イメージ読者諸兄がもし、セリアック病やグルテン過敏症であったとしても、診断のくだる可能性はゼロに等しい。

なにかの検査――アレルギー検査や血液検査などでたまさか見つかった、などという僥倖にめぐまれる可能性もない。

グルテン過敏症やセリアック病の検査は特殊なものであるし、小麦アレルギーとは異なる性質を持っている(抗原が異なる)からだ。

米国のセリアック病患者は百数十人に1人。グルテンアレルギーは20人に1人いるという。過去50年で発症率は4倍になっている。普通に考えれば、日本にも潜在的な罹患者は相当数いるはずだ。もし、身に覚えのない体調不良が続いている、というなら、グルテンアレルギーを疑ってみるのも一手だろう。

話を戻そう。

セリアック病の患者、あるいはグルテンに過敏な人が、グルテンフリーを生活に取り入れると、次のような症状が改善あるいは解消する。

下痢や腹痛、栄養失調などセリアック病の症状が治まる

セリアック病の症状セリアック病の代表的な症状は、

  • 慢性的な下痢、腹痛、重度の栄養失調

なンだが、じつは患者の半分にはこの症状が見られず、

  • 関節炎や偏頭痛、神経障害、精神疾患、不妊

といった症状があらわれるそうだ。もちろん、なかには両方の症状が見られる患者もいるのだろう。

セリアック病の治療には、厳格なグルテン除去食が不可欠だ。アレルギーである以上、完治することはないが、症状のほとんどを抑えこむことができる。

芥川
芥川

重症患者の場合、グルテンフリー食と同時に免疫抑制剤を使用するケースもあるという。

この一方で、セリアック病ほどセンシティブでないにしろ、グルテンに身体が過敏に反応してしまう、という人たちが存在する。

これがグルテン過敏症(グルテン不耐症とも)、いわゆるグルテンアレルギーである。

グルテンアレルギーの症状が改善、完治する

グルテンアレルギーの症状グルテンアレルギーの症状はじつにさまざまだ。

直接または間接的に関わっている病気は無数にあるといわれている。

たとえば、

  • 糖尿病
  • 肝臓病
  • ぜんそく
  • 自己免疫疾患(関節リウマチ、全身エリテマトーデス、ぜんそく、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、クローン病、橋下病など)
  • 皮膚疾患(疱疹状皮膚炎や乾癬など)
  • 神経障害

などがそうだ。

こうした症状が、グルテンが原因で引き起こされているなら、グルテンフリー食によって改善、解消するはずだ。

グルテン体調小麦
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント