生理

スポンサーリンク
NO IMAGE 生理

ビフィズス菌の健康効果

ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属の微生物の総称)は、母乳で育つ赤ん坊の腸内細菌の8割以上を占める微生物。多くの種が見つかっているが、ヒトの腸内にいるのはこれらの種とされている。 ビフィダム種、ブレーベ種、インファンティス種、ロンガ...
生理

セロトニンを増やし、幸福感を高める15の方法

セロトニンは1940年代に発見された神経伝達物質だ。神経伝達物質としてだけでなく、ホルモンの働きも担っている。セロトニンの体内レベルが低下すると、気分が滅入ったり、腸のトラブルを招くほか、さまざまな健康問題を引き起こす。 健康なセロト...
NO IMAGE 小麦

糖質(糖化、AGE)は老化の原因

AGE(アクリルアミド)というのは、長年かけて体内に溜まったゴミである。 赤ん坊より子ども、子どもより若者、若者より中年と順番に多くなり、老人の体内にはたっぷり堆積している。節くれだった手、にごった目玉、しわしわの皮膚などは、大量のA...
生理

糖質が病気をつくる

現代の小麦が人間の血糖値を急上昇させることは、この記事「小麦のGI値と血糖上昇は、砂糖よりすごい」でくわしく解説した。 さらにまずいのは、この半世紀ほどのあいだに、われわれが口にする炭水化物の多くが精製されるようになったことだ。おかげ...
生理

インスリン

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という部分にあるベータ細胞でつくられるホルモンだ。主として、体内の組織がブドウ糖をとりこんでエネルギーとして利用するのを助けたり、ブドウ糖を脂肪に変換してたくわえる働きをになっている。 血...
スポンサーリンク