小麦のGI値と血糖上昇は、砂糖よりすごい        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
スポンサーリンク

なにやらコムズカシク感じそうだが、要するに同じ量の白砂糖を食べるより、小麦粉のほうがグーンと血糖値をあげる、という話だ。

一般的な小麦粉の成分は、多いものから順に、でんぷん(これが糖質)、たんぱく質、食物繊維、脂質。このうち、小麦でんぷんの大半を占める糖質「アミロペクチンA」は、ほかの炭水化物に含まれる糖質よりずっと効率的に血糖(血液中のブドウ糖のこと)へと変換される性質をもっている。

小麦の成分の図

だから、小麦を食べるとあがるあがる。血糖値はうなぎ登りなンである。

そういっても曖昧模糊としているから、小麦でどのくらい血糖が上昇するのかを、血糖インデックス(以下、GI値)という数字を使って説明してみたい。

GI値は、ある食品が血糖値をどのくらい上昇させるかを示す指標だ。基準値は、ブドウ糖の100。

すでにさまざまな研究機関が調べた数字があるので、それを引いてみたい。

まず、こちらをご覧いただきたい。トロント大学の最初の研究での調査結果を図にした。

小麦パンと砂糖のGI値比較、トロント大学のデータ

GI値の高いものから順にならべると、小麦全粒粉パン(GI値72)、精白パン(69)、チョコレート(68)、砂糖(59)、スニッカーズ(41)。とても興味深い。

ここでもうひとつ、別の研究機関の測定結果を引いておきたい。先述のとおり、GI値は研究機関によって差があるからだ。

この図は、シドニー大学の調査結果をもとに描いた。シドニー大学の人類栄養部門は、GI値のテストを数十年にわたって実施しており、GI値研究では世界の最先端をいく。

小麦と砂糖のGI値を比較した図、シドニー大学のデータ

GI値を高いものからみていくと、精白パン(89)、小麦全粒粉パン(74)、チョコレート(42)、砂糖(59)、スニッカーズ(43)。トロント大学のデータと似通っている。チョコレートのみ大きく数値が異なるが、市販品によって、極端に甘いものから大人向けのビターなものまでさまざまあるから、とくに不自然ではない。

芥川
芥川

小麦のGI値、日本のWEBサイトでは上記の世界標準からかけ離れた、低い数値が一般的である。わたしは陰謀論者ではないから、資本家のバイアスがかかっているのだろうか、と勘ぐるつもりもないが、不思議だ。日本は、グルテンフリー後進国ということか。

おわかりだろうか。これが、小麦の糖質「アミロペクチンA」が「スーパー糖質」の異名をとるゆえんなのだ。

一般に、全粒穀類(未精製の穀類)は、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの不純物を含むため、精製した穀類にくらべると、血糖への影響はかなりおだやかになると考えられている。ところが、小麦のアミロペクチンAには、こうした常識さえあまりあてはまらないのである。

パスタ蛇足ながら、同じ小麦食品でもパスタのGI値は58である。

これは、品種の差(パンコムギとデュラムコムギ)ではなく、混練(真空で練って、密度を高める)や成型といった、パスタ特有の製造工程が関係していると考えられている。

その証拠に、パスタは摂取後最大6時間たっても血糖値を上昇させつづける性質を持っており、肉体への影響はやはり非常に大きいのだ。

次の記事「糖質が病気をつくる」では、血糖値を急上昇させることで、わたしたちの身体にどんな害がおよぶのかを解説しよう。

 

 

参考文献/Dr.William Davis 2013『小麦は食べるな!』:46-52,日本文芸社.
Dr.Jennie Brand-Miller 2006『The New Glucose Revolution』Da Capo Press.

小麦
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント