糖質(糖化、AGE)は老化の原因        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
スポンサーリンク

AGE(アクリルアミド)というのは、長年かけて体内に溜まったゴミである。

赤ん坊より子ども、子どもより若者、若者より中年と順番に多くなり、老人の体内にはたっぷり堆積している。節くれだった手、にごった目玉、しわしわの皮膚などは、大量のAGEに犯されている証だ。

AGEは「Advanced Glycation Endproduct」の略だが、文字どおりage(高齢)の指標である。糖化最終生成物とか終末糖化産物ともいう。

沈着しやすいのは、腎臓や肝臓、眼球、皮膚。というか、全身どこにでも。

AGEの生理学的作用を挙げると、

  • 血液のろ過機能を低下させる。
  • 動脈をつまらせる。
  • 体内の酸化を促進させる。
  • 炎症反応を引き起こす。
  • 脳細胞の働きを悪くする。
  • 関節を硬く、そしてもろくする。

なにひとついいことがない。

スポンサーリンク

糖質摂取→糖化→AGE生成→老化

AGEはどこからやってきてどこに行くのか――これはとても気になるところ。

どこからやってくるのかというと、

  1. 食べ物にあるAGEを経口摂取
  2. 体内の糖化反応により生成

この2つのルートがある。

どこへ行くのかというと、どこにも行かない。いったん体内に蓄積されたAGEは、体外に排泄も排出もされない。死ぬまで居座って、悪行を働いている。

1.食べ物に含まれるAGEを経口摂取

AGEは動物性食品に多く含まれている。とりわけ焼き物や揚げ物に多い。高温で長時間調理するほどAGEが増えるからだ。

たとえば、生の牛肉100gに含まれるAGEは約700kUだが、フライパンで焼くと10,000kUを超える。鶏肉も生肉なら100g中800kU程度だが、唐揚げにすると10,000kU近くになる。

加工食品にも要注意。ベーコンは100g中にAGEを90,000kU、バターは同26,000kU、チーズは同9,000kU、焼いたソーセージは5,400kU含んでいる。いずれも高AGE含有食品なのだ。

こうして外からやってきたAGEの7%ほどが体内に蓄積することがわかっている。

肉はなるべくレアがいい。

2.体内の糖化反応によるAGE生成

AGEはわたしたちの体内でも日々、産生されている。

材料はブドウ糖とたんぱく質だ。経口摂取した糖質(炭水化物)がブドウ糖に変化されて血中にあふれだすと、体内のたんぱく質と結びついてAGEが誕生する。これを糖化反応という。

炭水化物摂取後に起こる糖化とAGE生成プロセス。AGEが鎖状につながった高分子化合物はより危険

糖質を供給すればするだけ、つまり血糖値をあげたぶんだけ、AGEは増え、ヒトは老いるのだ。小麦を筆頭にGI値の高い食品はエイジング促進剤と呼んでもよさそうだ。

こうしてみると、あらためて糖尿病の危険性が浮き彫りになる。なにしろ、糖尿病間者の食後の血糖値上昇ぶりは尋常でない。空腹時血糖値でさえ、普通の人の最低4割増し。食後の血糖値は何倍にもなるからだ。

毎食、大量のAGEが溜まっていく。実際、糖尿病間者の血液を調べると、6割増しのAGEが発見できるという。そうして、このAGEが3大合併症(神経障害、視覚障害、腎臓病)の発症リスクを高める。というより、これら合併症は、糖尿病(血糖値が高い状態)そのものでなく、じつはAGEが引き起こしているのである。糖尿病ならいますぐ糖質を制限すべきだろう。

むろん、糖尿病でない人にAGEがもたらす健康被害も無視できないレベルだ。AGEが蓄積すると、どんな病気になるかをざっくり挙げてみよう。

糖化とAGEがもたらす老化の症状と疾患

AGEからくる老化の初期症状その延長線上にある疾病
皮膚のたるみ、しわ皮膚の老化
眼球のにごり白内障
ふしくれだった手関節炎
腎機能低下腎臓病
精力減退勃起不全(ED)
動脈硬化心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、腎硬化
骨密度の低下骨粗しょう症
脳細胞の機能低下認知症
組織の劣化がん

AGEとがんの関係が最近、わが国でよくフォーカスされている。すい臓がん、乳がん、肺がん、結腸がん、前立腺がん……関連が確認されているだけでも、これだけのがんをAGEが引き起こしているのである。

ラーメン、おにぎり、そば、うどん、お好み焼きにパン、焼きそば、ピザ、パスタ……。これまでどれほどの炭水化物を摂取してきたことだろうか。AGEをおろそかにする半生であった。

これが、グルテンフリーがアンチエイジングに効果があるとされるゆえんだ。

老化予防や若返りをさらに確実なものにしたいなら、グルテンフリー食と合わせて、糖質制限食を実践するといいだろう。

 

体調小麦生理糖質制限
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント

  1. 山崎史人 より:

    現在AGEに興味を持っている者です。
    食品中のAGEがどのように体内に取り込まれるのかを知りたいと思っています。
    本文中に「外からやってきたAGEの7%ほどが体内に蓄積することがわかっている。」とありますが、この引用文献を教えて頂けないでしょうか?
    「外からやってきたAGE」とは小腸から吸収されたAGEということか、小腸内に入ったAGEということか?
    また、「7%程が蓄積」とは体内で生成したAGEとどのように区別して定量したのか?
    そのへんのところが分かりましたら、お教え下さい。
    AGEの影響について友人と話をしている段階で、色々と分からないことがあり、調べている次第です。
    申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

    • 芥川ピストル より:

      山崎さん、こんにちは。

      コメント拝読しました。なにか研究でもなさっておられるのでしょうか。

      さてさて、7%という数字の出典は、こちら。

      もう一つは外から取り込むAGE。「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」はいろいろな食べ物・飲み物の中にも含まれ、私たちは食事や間食として取り込んでいるのです。
      わかりやすい例として、ホットケーキを挙げてみましょう。小麦粉(糖)と卵や牛乳(タンパク質)をミックスして加熱すると、ホットケーキが焼けます。そして、ホットケーキ表面のこんがりキツネ色になっている部分こそが糖化した部分。ここにAGEが発生しているのです。
      こうした飲食物に含まれるAGEの一部は消化の段階で分解されますが、約7%は排泄されずに体内に溜まってしまいます。(出典/AGE測定推進協会ホームページ

      「外からやってきた」というのは文字どおり、外界からやってきたという意味で、食べ物に含まれているAGEを指します。定量分析の方法については、素人のわたしにはわかりかねますので、このAGE測定推進協会にお問い合わせなさってみてください。顧問の大学の先生方ならご存知だと思います。

      参考になれば幸いです^^

  2. 山崎史人 より:

    早速のお返事、ありがとうございました。
    お教え頂いた協会に問い合わせてみます。
    数値というのは、わかり易いのですが、どのように測定したか、どう計算したかで変わるものですので、その辺りを知りたいと思った次第です。
    改めまして、お礼を申し上げます。

  3. G.I.Nチャンネル より:

    どうしてベーコンは糖質0なのにAGEがあるんですか?

    • 芥川ピストル より:

      ベーコンというのは本来、豚肉の塩漬けにしたシンプルな保存食品です。けれども、スーパーなどにある市販のベーコンのほとんどは、水あめや砂糖、化学調味料などで味つけ、あるいはかさ増しされています。糖質ゼロではないのです。だからわたしは買いません^^