ニンジンリンゴジュース        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
ニンジンとリンゴ 食べ物
スポンサーリンク

われわれの身体には約30種のビタミンと、約100種のミネラルが必要。これらすべてを含む野菜が、ニンジンである。とくに、万病のもとである活性酸素をとりさるベータカロテンの含有量は相当なもの。非常に優秀な天然のサプリメントなのだ。

一方のリンゴもビタミン類のほか、種々のミネラルや酵素、有機酸をバランスよく含む。放射性物質を体外へ排出してくれるペクチン、腸内の乳酸菌を増やすオリゴ糖なども含んでいる。

だから、ニンジンとリンゴからつくったジュースは朝の栄養補給源として、大変なすぐれもの。朝食の代わりになるし、断食をする人なども栄養補給源として重宝すること間違いなしだ。

イギリスやメキシコではがんの治療にニンジンリンゴジュースを用いていて、かなりの成果をあげているという。

スポンサーリンク

ニンジンリンゴジュースのつくり方

1.ニンジン2本とリンゴ1個を用意する

ニンジンとりんご
ニンジンのベータカロテンは皮の部分に多く含まれている。有機栽培なら皮ごと安心して使える。だからわたしは有機ニンジンを使用する。

しかし有機栽培のリンゴはさすがに稀少かつ高価。手が出ない。リンゴは農薬の使用量がめつぽう多い果物なので、わたしは皮をむいて使うことにしている。

有機ニンジン

北海道産の有機ニンジン。10キロ単位で購入するため、届いたらすぐ鮮度保持袋に入れ、冷蔵保管だ。10キロだと、写真の袋3つ分となる。野菜室を半分占拠する(笑)。味わいは滋味にあふれており、ジュースに向く。ニンジンのベータカロテンは皮の部分に多く含まれているから、どうしても皮ごと使いたい。有機栽培ならまるごと安心して使えるのだ。その辺のスーパーでは手に入らない。「自然食21」というショップで買っている。ちなみにこのお店、有機リンゴのとりあつかいもあるが、やはり高価。

2.ニンジンの皮は栄養に富むので、タワシで洗い、皮ごとカット

有機ニンジン
これで大きめのニンジン2本分である。搾ると、200ccくらいになる。

3.リンゴの皮をむき、同じくカットする

リンゴ1個の皮をむいて、適当なサイズに切る。

4.ニンジンとリンゴをジューサーで絞り、ジュースにします。

ジューサーで絞る
うちでは朝、コイツがうなり声をあげる。

以前は、安価な高速分離方式ジューサーを使っていたが、本当はずっとスロージューサーがほしかった。ある日、妻がコンロで電気コードを焦がしてしまったことから、いよいよお許しが出て、わが家へやってきたのである。

金属刃で素材をガンガン粉砕する高速分離方式と違い、スロージューサーは石臼のようにスクリューで素材をゆっくりとすりつぶす。おかげで栄養素の破壊が少なく、大量の空気混入による酸化も防げるのだ。

仕上がりは濃厚かつ均一。高速分離方式のように成分の分離(コップに入れてしばらくすると、上下2層に分かれる)もない。1か月分の小遣いが吹っ飛んだが……。

5.すぐにレモン汁かリンゴ酢を少量加える

自家製サワードリンク
レモンとリンゴ酢でつくった自家製サワードリンク。わたしはこれをジュースに少し入れる。

レモン汁かリンゴ酢でもOKだ。あるいはクエン酸やお酢でもよいが、お酢は味を壊すので覚悟が必要だろう。

葉山
葉山

ニンジンにはビタミンCを破壊する酵素が含まれている。レモンやお酢のクエン酸がその働きを弱めてくれるのだ。

6.オイルを数滴落としてから飲む

ニンジンのベータカロテンは脂溶性。だから油といっしょにとると、ぐっと吸収がよくなる。

というわけで、オイルを数滴落とし、ゆっくりと噛みしめるように飲む。

葉山
葉山

わたしはえごま油か亜麻仁油を使うことが多い。オメガ3系脂肪酸を一緒に摂れるからだ。ココナッツオイルやオリーブオイルでもOK。

ニンジンリンゴジュース

わっ、と小さく叫んでしまうほど美味である。乾いた身体のすみずみに染みわたる。わたしはこれで毎朝起きるのが楽しみになった。

さいごに

市販のニンジンジュースやリンゴジュースは使わない。

生き物は、ほかの生き物の命をもらって命を長らえさせている、というのが自然の摂理である。身体を癒やすために飲むのであれば、生きている、つまり「生」のニンジンと「生」のリンゴからできたジュースであるべきと考えるからだ。

ちなみに普通のジュース(濃縮還元ジュース)は、長時間の熱処理によってペースト状になるまで水分を蒸発させて冷凍保存し、そのあと解凍。水を加えてパック詰めされる。それはもう生きているとはいえないだろう。実際、酵素なども死活している。

りんごのストレートジュース

リンゴが手に入りにくい時期はストレートジュースを使っている。絞りたてのリンゴを短時間の熱殺菌のみで、そのままパッキング。1リットルパック12本入り。4500円前後。1パックにリンゴ6個分の果汁を含む。つまりリンゴ1個換算で約61円。実は生リンゴを買うよりお得。無加糖、無加水、無香料。賞味期限は製造日から約6か月。濃縮還元ジュースとは味わいがまるで別物。1度味わうと2度と濃縮還元は飲めない、それくらい美味。妻は娘のため、このジュースを寒天やゼラチンで固めてゼリーをつくっている。ある日、濃縮還元のジュースでつくったものと食べくらべてみたが、やはり風味がまるで違った。

ニンジンリンゴジュースを毎朝飲めば、デトックスがぐんと活発に。生活習慣病の予防や治療にも効果絶大である。

この記事を書いた人

フードコンサルタント。あらゆる健康法を学び、本気で実践し、ついにぼろぼろの身体の再建に成功。現在は毎日のようにロードワークに出掛け、心身ともに溌剌、爽快な生活を送っている。

葉山一郎をフォローする
フードハックマーケット
食べ物
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。記事内で紹介している効能効果は栄養素や成分に関するものであり、製品やサービスについての効能効果でないこともご注意いただきたい。

葉山一郎をフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント