RO水とナチュラルミネラルウォーター? ウォーターサーバーはどっちが正解?

水の入ったコップ

われわれは毎日、人にもよるが平均2ℓほどの水を摂取している。汚染された水を飲みつづけるリスクは想像よりはるかに大きい。飲み水はできるかぎり清浄で安全なものを選びたい。

むろん、水道水をそのまま飲むのはナンセンスである。

わが国の水道水に含まれる高濃度の塩素は、身体には毒として作用する。健康体でも飲まないほうがよい。微生物を殺すために投入される塩素は、われわれの体内の微生物をも破壊する。腸内細菌のバランスを崩す可能性も指摘されている。

昨今は健康志向の高まりから、一般家庭でもウォーターサーバーの導入が進んでいる。

ここでは、ウォーターサーバーに使用される2種類の水、RO水とナチュラルミネラルウォーターについて、どちらを選ぶべきか考えてみたい。

ウォーターサーバーから出る水には、RO水とナチュラルミネラルウォーターがある

RO水

「RO膜」という、とてつもなく目の細かいフィルターを使って、水に入りこんだ不純物や重金属、ばい菌を一切合切とりのぞいたものだ。

RO膜でろ過すると、水はかぎりなく「純水」に近くなる。だから「小さなお子さんのいる家庭でも安心です」とメーカーサイドは謳っていたりする。これが人気を呼んでいるのである。

しかしRO水は、ほぼ「純水」。ミネラル分を含まない水は、正直いってまずい。そこで、人工的にミネラル分を添加しているウーターサーバーも少なくない。

ナチュラルミネラルウォーター

ろ過、沈殿、加熱殺菌のほかには何も手をくわえていない地下水だ。

ナチュラルミネラルウォーターは「天然水」とも呼ばれるため、「自然のまま」感が強いけれど、実際は安全性に配慮して、不純物を除去したり、加熱殺菌を行なったりしている。

RO水でなくナチュラルミネラルウォーターを選ぶのが正解

以上のことから、わたしはナチュラルミネラルウォーターに軍配があがると考える。

理由は次の2つである。

1.RO水は水道水をろ過した水

天然水は当然ながら、そのまま飲めるくらい水質のよい採水地から汲みあげた水を使用している。つまり大地が磨きあげた水、ということである。

ところが「RO水」は、もともとの水の正体がはっきりしない。メーカーがなにも謳っていないところをみると、おそらくは水道水だろう。完璧なろ過システムがあるのだから、天然の清冽な水など使用する必要はない。

しかしそこはまだいい。水道水にお金を払いたくない、というのはあくまで気分の問題だからだ。元々の水道水に塩素やトリハロメタン、ダイオキシン、農薬、放射性物質、汚れ、赤さび、カビなどが含まれていたとしても、RO水となった段階ではすべて除去されている。

2.RO水はミネラルまで除去してしまう

ついで気になるのが、高性能フィルターは不純物とともにミネラルまでとりのぞいているのではないか、という点だ。

水は非常に重要なミネラル補給源である。

その昔、日本のとある村では昔から奇病がまん延していた。そこで、ある学者が調査に入ってみたら、その土地の水(村人が飲んでいた井戸水か川の水)にミネラルがほとんど含まれていなかったのだ。その後、上水道が普及し、ミネラルを含む水を飲むようになると、奇病は姿を消したという。

そもそもミネラルや不純物をまったく含まない「純水」は、工業用途では重宝されるけれど、ヒトの身体には「毒」なのだ。

ここまで見てくると、RO水を選ぶメリットは薄い。先述の通り、いくつかのミネラルを添加したRO水も存在するが、それでも自然の水には敵わない。

自然の水には、必須ミネラルだけでなく、微量必須ミネラルも含まれているからだ。

  • 必須ミネラル:カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素
  • 微量必須ミネラル:鉄、銅、クロム、マンガン、モリブデン、セレン、亜鉛、フッ素、ヨウ素

ここまで網羅して添加しているRO水は現状では存在しない。

生活習慣病に罹患している、あるいは体質改善のためにデトックスを実践中の人には、ミネラルが人一倍必要となる。ナチュラルミネラルウォーターを選ぶのが正しいだろう。

ただし、その水は汚染のない土地で汲みあげられた、クリーンなものにかぎられる。

 

https://food-hack.com/category/shop/water-purifier-server/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です