料理酒/純米酒、国産米100%、醸造アルコール無添加、糖類・食塩無添加、1800ml、1300円前後

料理酒

料理酒選びのポイントはこの3つである。

  1. 醸造アルコール不使用
  2. 糖類無添加
  3. 食塩無添加

1に関しては、ふつうの日本酒でも醸造アルコールを使ったものは多い。しかし、醸造アルコールの原料の多くはブラジル産サトウキビだ。ブラジル政府は2017年、遺伝子組み換えサトウキビの栽培を承認した。今後、シェアを拡大していくだろう。

2の糖類にいたっては、原料のほとんどが遺伝子組み換えトウモロコシだ。

3の塩に関しては、料理用と割り切って使うなら構わない。しかし下手に料理酒に塩分など入っていると、味つけに失敗することがある。また調理中、ちょっと日本酒を味見したくなっても、塩辛くて飲めたものではない。

以上の理由から、沢の鶴の「米だけの酒」がおすすめ。料理酒でなく通常の日本酒であるが、もちろん料理酒として使ってもよい。国産米と国産米麹のみで醸造した純米酒ながら、値段はしごくリーズナブルだ。

売り場を見る

商品詳細

内容量 1870ml、アルコール度数15%
原材料 米(日本産)、米麹(日本産米)
製造元 沢の鶴
免責 製品情報や画像は最新のものを紹介するように努めているが、メーカーサイドの急な変更によって、更新が間に合わない場合もある。詳細はリンク先あるいはメーカーサイトをご確認いただきたい。当サイトの情報より、メーカーの情報、あるいは実際の商品にあるラベル、警告、使用方法を優先させてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です