グルテンフリーダイエットって?        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
フルーツたっぷりの朝食 グルテンフリー
スポンサーリンク

 

グルテンフリーダイエットのコンテンツ

1.グルテンフリーダイエットって? ←いまココ
2.グルテンフリーダイエットの効果
3.グルテンフリーダイエットの始め方
4.ダイエットに失敗しないための8つのルール

グルテンフリーダイエットがいま、欧米各国で大人気です。

アンジェリーナ・ジョリー、ジュリア・ロバーツ、レディー・ガガ、スカーレット・ヨハンソン、アン・ハサウェイ……。実践中のセレブを数えあげると枚挙にいとまがないくらい。あのクリントン元大統領一家も愛好家だそうです。

どうしてこれほどの人気ぶりかというと、小麦のたんぱく質のグルテンをやめるだけで、体重はすとんと落ち、お肌と髪のツヤとハリがぐんとよくなって、体中に活力がみなぎってくるから。ほかのダイエット方法と異なり、無理なカロリー制限や食事制限は必要なく、つらい運動を強要されることもないからなのです。

小麦は強い中毒性をもつため、小麦を断つと食欲がうんと減るのです。驚くなかれ、1日最大400kcalも減るのです!

じつは、もともとはグルテンにアレルギーのある人たちが始めた食事療法でした。ところが、アレルギーがない人にも、小麦食品――パンやパスタ、麺類、スナック菓子などをやめるメリットが非常に大きいことがわかってきたのです。

このことが、アメリカ中心に健康志向の高い人たちのあいだに伝わっていき、いまや新スタイルの食生活として定着しつつあります。

というわけで、当ブログでも、ダイエットはもちろん、美肌やアンチエイジングといった、グルテンフリー食の利点をご紹介するとともに、具体的な実践方法もわかりやすく解説していきたいと思います。

ちなみに、グルテンアレルギーでない方は、できる範囲でグルテンフリーダイエットを食生活に取り入れればOK。それでも、これまで「食」に対して持っていた常識が根底からくつがえされ、目からウロコの体験ができるはずですよ。

スポンサーリンク

小麦をやめるだけの簡単ダイエット
美しい人はみんなグルテンフリー!

玄米パスタ小麦が食べられない?

ってことは、パンもパスタもラーメンもダメ?

いえいえ、そんな心配はいりませんよ。最近は、グルテン不使用のパンやパスタ、お菓子、デザートなどもいろいろ登場していますし、工夫次第でなんだって食べられます。

左写真のようなパスタを、玄米でつくることもできるのです。

このブログでは、そうしたグルテンフリー食品やお料理レシピなどもご紹介していきたいと思っています。

とにかく、これもダメあれもダメ、という従来のダイエット方法とは一線を画していますので、だれでも肩の力を抜いて続けていけるのが、グルテンフリーダイエット一番の魅力なのです。

 

photo credit: Chewy Chua via photopin cc photo credit: Sebastian Mary via photopin cc

グルテンフリーダイエット
スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

直木林檎をフォローする
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
最新情報をお届けします。
FOOD HACK

コメント

  1. おの より:

    4年前から糖質制限してます。私たち夫婦の住むドイツでもグルテンフリー食事が話題になってます。今やどの食品店にもグルテンフリーコーナーがあります。私たちは糖質制限もしていますから、パン(もどき)もスイーツもすべて手作りしてます。このホームページを見つけて嬉しくなりました。これからじっくり読みます! ところで発酵大豆食品以外の大豆食品についてはどうなのでしょう? 恐い話をいっぱい読んで、最近は夫には発酵大豆食品以外の大豆食品は夫には食べさせないようにしているのですが。女性には少量ならよさそうですけど、アメリカの医者の中には大豆は食べるな、と主張する人もいますね。どうお考えですか?

    • 直木林檎 より:

      こんばんは。コメント、どうもありがとうございます(๑′ᴗ‵๑)

      大豆、以前は良質のたんぱく源だと信じ、摂取量などにもまったく頓着せずに食べまくっていましたが、じつはちょっと前から否定派に寝返っております(笑)。よく指摘されるエストロゲン様作用のほか、次のようなリスクがあると知ったからです。

      ・大豆に含まれるフィチン酸がミネラル不足をまねく
      ・レクチンやサポニンが腸を傷つける(腸粘膜に穴があく)

      大豆にかぎらず、未発酵の豆類全般にいえるようです。

      というわけで、いまは基本、納豆やお味噌、テンペ以外は大豆食品をいただいておりません。

      といっても、日本はこれから冷や奴や枝豆のおいしい季節に突入しますもので、たまには口にすることもあろうかと存じますが(ё_ё)