運営者情報        

 
AFFILIATE DISCLOSE
 
運営者イメージ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運営者

芥川

編集・文/芥川ピストル

フードコンサルタント(東京/日本)

オフィスフラワー(https://flowersoffice.com)代表

20代後半から自己免疫疾患や循環器系疾患などに次々と見舞われたが、自力でそれらを克服。その経験から、食と身体の深い関係を知り、食について深く学ぶ。現在は「医食同源」の啓蒙のため、フードコンサルタントとして活動。並行して健康関連ほかの執筆活動も行なっている。

直木林檎

文/直木林檎

ヨガインストラクター(東京/日本)

パートナーにつきあう格好で、なんとなくグルテンフリーダイエットを開始。最初は「パスタ食べたい」などと繰り言を吐いていたが、1か月もしないうちに56kgの体重が50を切り、肌ツヤが見違えるようになった。ビバ、グルテンフリーダイエット。いまもゆるりと継続中。

フードコンサルティング

Counselingルーム

カウンセリングは現在、メール相談や電話、テレビ電話、出張などで対応。美しい山と海のある近隣県(神奈川か静岡)でのカウンセリングオフィス設立がもっか喫緊の課題。

お問い合わせ

コンタクトフォーム

ブログ開設の動機

海の向こうでは古くから親しまれてきた小麦だが、いまやわれわれ日本人の食卓にも欠かせないものとなっている。この小麦が昨今、「食」や「健康」に対して感度の高いアンテナを有する人たちのあいだで注目を集めている。

いや、じつのところ、注目などという生やさしいものではないのだ。なにせ、小麦が健康寿命を縮めている、あらゆる生活習慣病の火種になり、罹患者を急増させている、といって、彼らは小麦を敬遠し、忌避しているのだから。それも、小麦が主食の欧米各国を中心に、である。

そうはいっても、ほとんどの日本人はすぐにはピンとこないだろう。それもそのはず、何千年も前から人類は小麦を食べてきたのだから、その安全性は祖先が身をもって証明済みと考えるのが普通。いまさら警鐘をがんがん鳴らされたところで貸す耳はない、というわけである。わたし自身、自分で書物や海外関連サイトを渉猟するまで疑心暗鬼だったから、そういう気分はよくわかる。

ところが、である。いろいろ調べているうちに、この話がまったくのデタラメではないという気がしてきたのである。そればかりか、調べれば調べるほどにこれが確度の高い情報であり、やがては背筋が寒くなるような思いさえ味わうハメになったのである。

かくして、わたし自身、小麦の影響を多分に受けていたことがわかり、小麦を避ける(グルテンフリー)生活を実践するにいたり、みずからドラスチックな体調の改善を実感したのだった。

このブログを開設したのは、その驚きと感動と興奮を書きとめておきたかったからにほかならない。

断っておくけれど、一個人のブログである。医療機関や研究機関のオフィシャルなホームページなどではない。だが、それだけに記事の内容については、可能なかぎり正確を期すよう心掛けていることをつけたしておきたい。ときには信頼性の低そうな話や、まゆつばもののゴシップを紹介することもあるかもしれないが、その際はそのよしをしっかり併記するつもりなので、ご容赦、ご安心いただきたい。

いずれにせよ、こうしたブログにも存在意義はあるはずだ。

スポンサーリンク

薬機法 健康増進法 COMPLIANCE

FOOD HACKの情報は、厚生労働省や医療機関の監修を受けておらず、病気の診断、治療、予防を目的とするものではない。すべては「食」の大切さを伝えるために発信しており、毎日の食生活ついて考えるきっかけになればという思いから公開している。妊娠中や治療中、投薬中の方は、まず医師に相談していただきたい。

芥川ピストルをフォローする
FOOD HACK